ごちゃ混ぜ愛車ビギナーズ

車の免許取得 教習所で講義修了させてから

免許をとろう

車を運転するには免許が必要です。免許取得する方法は、教習所で講義を受けることです。免許には普通自動車第1種運転免許とAT限定免許があります。前者はMTとATに乗れますが、後者はATのみです。

最近ではAT免許を習得する人が増加しています。AT免許を取った後にも、公安委員会指定教習所で技能講習を受けてから技能審査を通過できればMT免許に変更可能です。

教習所では学科と技能を交互に学習していきます。学習を一定の段階まで終えて試験を通ると路上講習になります。路上講習では高速道路を走る実習もありますが、車が少ない時間帯に実習を行うのでそれほど緊張しなくても良いです。

技能と学科が全て終了すると卒業試験です。学科と技能の試験を通過できれば教習所を卒業し、本試験に挑めます。本試験では学科試験を合格すれば免許をもらえます。本試験に挑む前に本屋で過去問題集を買って勉強しておくと楽です。

免許を取得したら、車選びです。免許を取りたてなので小型のサイズを選ぶといいかもしれません。初心者運転期間は助手席に誰かに乗ってもらい色々教えてもらいましょう。

車の免許取得試験をクリアする

一発試験は困難

自動車教習所に通って運転技術を学ぶ方法では、教習所で教わったことをそのまま出せれば実技免除の資格を得ることが出来ます。比較的ハードルが低い方法と言えるので多くの人が利用している訳ですが、費用や時間的なコストは非常に大きくなってしまいます。

教習所での免許取得以外にも車の免許を取る方法はあります。一発試験と呼ばれる方法は、教習所をあまり利用せずに運転免許取得を目指す方法で、低コスト・短期間で免許が取れる可能性もあります。しかし、教習所で教わるレベルでは「車に乗った瞬間に終了」となってしまうほど難易度は高いものです。

合格を勝ち取る為のポイントは、「コースを熟知する」という事です。教習所では校内のコースを走りますが、一発試験では免許センター内のコースを走ることになります。試験を受けるためにしかコースを走ることが出来ませんが、歩いてコースを回ることは出来るので何度も歩いてコースの特徴を確認しながら「シミュレーション」をしましょう。