ごちゃ混ぜ愛車ビギナーズ

スポーツカーのユーティリティ 有効なラゲッジスペースは?

ラゲッジスペース

生粋のスポーツカー乗りならば、ほんの手荷物用のラゲッジスペースでも気にしないと思うのですが、実際、マイカーとして使う場合は、ある程度のラゲッジスペースは欲しいといったユーザーは多いようです(例えば2人乗りならば2人で小旅行できるくらいの荷物を積めるスペース)。その点、スカイラインGT-Rも、スープラも、またRX-7もGTですから、小旅行は勿論、後席を有効に使って、本格的な泊まり旅行に携行する荷物も余裕で積むことが可能です。例えば、ゴルフバッグ2個なんていうのも問題なく積むことができます。

これらGTカーの使用上の特徴は、4人乗りといっても、実質、2人乗りで、後席は自ずと荷物置き場ということになるでしょう。「スポーツカーにラゲッジスペースはいらない」との頑固な原理主義に異論を唱えたのはポルシェ911です。4人乗りのGTカーでありながら、"2+2"として、後席にゴルフバッグ1個~2個分のスペースを確保しました。

世界のベンチマークとなったロードスターは、初代から一貫して2人分の旅行用荷物に十分なトランク容量を確保しています。